ホームページ制作とアフェリエイト

はじめに

アフィリエイトとは、企業と個人が提携し、個人のサイトからその企業の商品を売れたり、広告がクリックされたりすることで報酬が得られるシステムです。

難しく聞こえるかもしれませんが、アフィエリエイトプログラム運用代行サービス(ASP)を利用すれば、誰でも簡単に始めることができます。

このサービスは、広告を出したい企業と広告を載せたい利用者(個人)を仲立ちしてくれるものです。ASPに無料会員登録するだけで、そのASPに登録されている複数の企業の広告を掲載することができるようになります。

報酬は代行サービスを行っている企業から支払われるシステムになっており、広告により様々ですが、1クリック1円というものや購入金額の1%、といった形式が一般的です。空いた時間やホームページを有効活用、簡単に始められるお小遣い稼ぎ、といったキャッチコピーに惹かれ、アフィリエイトを始める人はたくさんいます。

しかし初心者のうちは作業に時間がかかってしまったり、思っていたほど報酬が手に入らなかったりするため、続けていくためには根気と労力が必要です。

活用したいseo

webサイトの運営を行っている人であれば、積極的にseoを活用してたくさんのユーザーを呼び込みたい所です。しかし、検索エンジンを使用しているユーザーに注目してもらいやすくする事ができるのがseoの役割です。ではseoだけを行っていればいいのかというとそうではありません。

たとえseoを頑張ったとしてもwebサイトとして面白い情報がなく、これ以上訪問したいと感じない場合や、使い勝手が良くない場合には、離脱の原因となってしまいます。ですので、seoを行っている人は、結果を出す様に努める事はもちろんですが、それと同時にwebサイトの最終ゴールを達成するユーザーを増やすにはどうすればいいか考える様にしましょう。

seoはマーケティング戦略にとって重要

seoをしっかりと考えてホームページ制作することは、マーケティング戦略にとってとても重要になってきます。seoを正しく理解して行うことにより、検索での露出が増えホームページの閲覧者が増える為です。

そのためにはホームページ作成の時点で、閲覧者の検索により合致するページを作ることが重要です。 閲覧者が増えることで顧客を多く獲得できるようになるのは言うまでもありません。まずは多くの人に見てもらわなければマーケティングは始まりません。seoは多くの閲覧者によって検索されることによってビジネスを成長させることなのです。

seoでしっかりとサーチエンジンに引っかかる

サーチエンジンに引っかかるようにするためにはホームページ制作の時点で、SEOをしっかりと考えておく必要があります。なぜなら、ネットを使用している閲覧者が検索をするキーワードに引っかからなければホームページを作っても見てくれる人がおらず存在する意味がないからです。

そこでホームページ作成のときからseoを意識して検索に引っかかるホームページを作るように心がけましょう。誰も見ない情報には価値はありません。ですが、目につくところにあれば見たくなるのが人間です。閲覧者を増やすことでビジネスを成長させることができるのです。

ECサイト構築に必要なseoを簡単依頼

ネットショップを持ちたいけど、ECサイト構築するにあたって面倒な事や分からない事も多く、断念する人もいます。そんな中、サイト構築を安価に制作してくれる会社やSeo対策などの機能を提供してくれるものが出てきて簡単にネットショップを持つことができる時代になりました。

しかし、全てを任せることができる代わりに、自分の理想と違うまたは、拡大したときに最初からやり直さないといけなくなることも多々あります。そんな事が無いように、サイト構築依頼時には、RFPと呼ばれる自分の意思を伝える提案依頼書が大切です。開発会社がRFPをもとにシステム構築の提案をしてくれます。

seoに関わるランクブレイン

google社では、多数のホームページからユーザーが求める情報へたどり着けるように、数百ものシグナルをもつアルゴリズムを導入しています。そのひとつがランクブレインで、クエリの一部の処理を担っています。

ランクブレインは検索ランキングにおいて、三番目に重要な位置づけとされています。機械学習により新規クエリの推測、及びフィルタリングを進めていて、有益な情報をランキング上位に表示するために貢献しています。これにより、特定のキーワードだけでなくあらゆるクエリでページがヒットする可能性があるということですので、これまで以上に有益な情報を提供し続けていくのがseo対策として一番有効ということになるでしょう。

ペンギンアップデートにもseoのミスが有る

ペンギンアップデートにも、seoをチェックしきれないミスが生まれています。もちろんミスを減らすために、しっかり対策を進めているのは間違いありませんが、そうした対策がうまくできなかったために、またペンギンアップデートが実施される場合もあります。

特定のseoを消すためには、しっかりとアップデートを行って、そのデータが反映されなければなりません。うまく反映されていない場合は、当然のように厳しい状況も生まれてしまいますから、できればアップデートは失敗したくないのです。提供する側は、ミスなく反映できるようにしています。

seoによるホームページ制作の改善

ホームページを見てもらえないような状況では、結局何をやってもサイトを見られるようになりません。売上を高くしたいと思っているなら、当然そのために必要な方法を取らなければなりません。ホームページ制作の途中で、seoという情報を知っておくことも大事になっています。

正しい情報を知っていれば、それだけでもいい感じに進められて、思いの外サイトの順位がいいところでスタートするはずです。内容を知らないまま終わらせてしまうことが無いように、会社側に相談しておくのはもちろんですが、変えることができないか色々と話を持っていきましょう。

おすすめ

ECサイト構築はホームページ会社

ECサイト構築で店長になろう!。ECサイト構築について。

favorite-photo.net Word Pressでサイトを作ろう。Word Pressの便利機能。

ページトップ